コンタクトレンズ“あるある”&解決法

 

一度は経験した“あるある”

みなさんこんにちは。潤ヒトミです。
みなさん、充実したコンタクトレンズライフを過ごしていますか?

わたしは使えば使うほど「コンタクトレンズって便利だな」と感じています。

そこで今回はコンタクトレンズ愛用家のみなさんなら、一度はしたこと&思ったことのある “コンタクトレンズあるある”を紹介します!

“ちょっと困ったあるある”に対しては、しっかりと解決策をレクチャーしますので見逃し厳禁ですよ!

 

コンタクトレンズ保存“あるある”

リフレア,コンタクトレンズ講座,ヒトミ,コンタクトレンズ保存”あるある”

1日使い捨てタイプのコンタクトレンズを使用している方には、あまり馴染みのないことかもしれませんが、旅行先などで気をつけたいのが保存方法です。

ご存じのとおり、コンタクトレンズは高度管理医療機器です。


粗末に、不衛生に扱ってしまうと目が大変なことになってしまいます。

専用ケースに保存液を入れてコンタクトレンズを浸すのが一般的な保存方法ですが、旅行先でうっかり保存液を忘れた!というときにはこんな“あるある”があります。

ケースを忘れたのでペットボトルのふたで代用した
…うーん、衛生的に全然ダメです! 間違って誰かがふたを閉めたらアウトです! ふたにペットボトルの水分がついていたら、レンズに影響を及ぼす可能性もあります。

保存液を忘れたので水道水で代用した
これも絶対ダメです! 保存液とは浸透圧が異なるため、ソフトコンタクトレンズが変形してしまいますよ! 水道水には塩素や鉄分が含まれているので保存液とは成分が異なるためコンタクトレンズに悪影響を及ぼす可能性もあります。

実家にあった“なにか”で代用した
なにか”ってなんですか!? ダメですよ!

 

まずい! コンタクトレンズが目の裏に入った“あるある”

リフレア,コンタクトレンズ講座,ヒトミ,まずい!コンタクトレンズが目の裏に入った”あるある”

コンタクトレンズが目の裏側に入った!
こちらは以前「コンタクトレンズの都市伝説?」で紹介しましたが、コンタクトレンズが目の裏側に入ることはありません!

コンタクトレンズがまぶたの奥にずれてしまい、行方不明になった気がするだけです。


ですがコンタクトレンズが急にずれると「目の裏に入った」と言いたくなるor思いたくなるのはなぜなんでしょうか?

人はスリルを求めているのでしょうかね?

それではコンタクトレンズがずれた場合は、どう対処すればいいのでしょうか。

もしも近くに鏡がある場合、鏡を見ながら目を左右上下にゆっくり動かしてどこにあるか探してみてください。

こちらの方法で見つからない場合、まぶたを上下にひっぱりながら瞳を上下左右に動かすと、異物感を感じことができます。それでも見つからない場合は落としてしまった可能性が高くなります。その対処法は後ほどレクチャーするのでご心配なく。

無事、コンタクトレンズを発見したら、まずはまぶたをひっぱりながら目をパチパチさせてみましょう。コンタクトレンズが戻らない場合、張り付いている可能性がありますので、点眼薬をさして滑りをよくしてみてください。

それでもダメなら眼科に行くことをおすすめします。目に指を入れてコンタクトレンズをずらそうとすると、レンズもろとも眼球まで傷つける恐れがあります。

目はデリケートな部位ですので、無茶は禁物です!

 

コンタクトレンズを落としたときの“あるある”

リフレア,コンタクトレンズ講座,ヒトミ,コンタクトレンズを落としたときの”あるある”

地面を必死に見ている人の傍を通るときは足元を気にしてしまう
コンタクトレンズを落としてしまい、足元でイヤな音を聞いた


こちらのあるあるは、ハードコンタクトレンズは踏むと割れてしまいますので、探す方も近くを通る方もドキドキするというあるあるです。

ですが以前に比べ、コンタクトレンズを落としてしまい目を皿のようにして地面を見ている方が少なくなってきているような気がします。
ひとえに、ソフトコンタクトレンズを使用する方が増えて、あまりコンタクトレンズを落とす方が減ったのかな?という予想です(ハードコンタクトレンズはソフトコンタクトレンズ比べ落ちやすいのです!)


とはいえ、装用しようとして指先からぽろっ、ということは起こりえますので、いざという対策をレクチャーいたします。

まずは、手→腕→顔→上半身→下半身の順に探してみましょう。基本的には最後に触った場所から近い順です。

体に付着していなかった場合、屋外であれば太陽を正面に見た状態で立ってみましょう。コンタクトレンズが光に反射して発見しやすくなります。さらに手鏡を持っている方は周囲を照らしてみましょう。さらにコンタクトレンズが反射しやすくなります。

屋内であれば、掃除機のヘッド部分に目の細かい網(ストッキングなど)をかぶせて一番弱いパワーで掃除機をかけてください。乱暴にかけるとコンタクトレンズが破損してしまいますので、ゆっくり優しくお願いします。

洗面所で落としてしまった場合は、排水口にネットをかぶせて水で洗い流してみてください。ネットがコンタクトレンズをキャッチしてくれます!

共通して言えることですが、一度落としたコンタクトレンズはきちんと洗浄して使いましょう。装用して違和感があったらすぐに交換してください。レンズに傷や汚れがついている可能性大です!

以上、“コンタクトレンズあるある”いかがでしたでしょうか?

みなさんも“あるある”を含めコンタクトレンズライフを楽しんでくださいね!