結膜炎について

目の感染症「結膜炎」

一般的に結膜炎とは、ウィルスによる感染性や、アレルギーなどによって結膜に炎症を起こし、目が充血した状態になる症状のことを言います。


結膜は眼球が自由に動かせるように瞼と眼球の間を繋いでいる膜で、形が袋状となっています。ですから細菌などの異物が入って炎症を起こしやすくその症状には自然に治るようなものもあれば、後遺症として視力の低下を引き起こす症状もあります。

また、目の充血が無くとも結膜炎と診断されるケースもあります。
・目の痒みや異物感
・目の霞みや瞼の腫れ
・目ヤニが多く出る
・結膜の腫れによりコンタクトレンズがずれやすくなる


上記のような症状が見られたら、注意が必要。目の異常を感じた時は無理をせず眼科に行くことがベストな治療法です。

結膜炎の治療と感染予防

結膜炎の治療は目薬と内服薬で行いますが、必ず医師の指導の元に行いましょう。


また、中途半端な治療は視力の低下などの後遺症を引き起こす原因となります。目の腫れが引いたからといって安易に服薬などを中止しようとせず、きちんと服用することも大切です。


また結膜炎はとても伝染しやすい病気ですので、タオルや使用中の目薬を使い回すことは避けましょう。目に触れた手は必ず手洗いや消毒をし、お風呂なども最後に入るようにして下さい。水道の蛇口などから感染するケースもあります。

結膜炎はうつりやすく、かかりやすい病気ですが、早期に眼科に行き、適切な治療を行えばすぐに治る病気でもあります。目に違和感を覚えた時は、早めに病院へ行きましょう。