眼精疲労 効果的な治療法とは?

目を酷使する現代人

リフレア EYE豆知識 眼精疲労

日常生活のなかでパソコンや携帯電話、スマートフォンの画面を見る機会が増えてきました。

仕事中はパソコンの画面とにらめっこ、通勤時や休憩中、退社後に自宅などで携帯やスマートフォンを無意識に触ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

情報を収集したり、コミュニケーションをとったりすることは楽しいのですが、目にとっては良いことばかりではありません。

携帯電話やスマートフォンはもちろんパソコンもそれほど普及していない時代、メディアの中心はテレビでしたが、外出時や仕事中はほとんど見ることはありませんでした。

それが現在では、液晶画面を四六時中見ているのですから目への負担は確実に増えたと言えます。

疲れ目と眼精疲労

目が疲れる・痛む、などの症状がでた際に休憩して治るものは一般的に「疲れ目」とされています。

しかし、症状が長引く場合は「眼精疲労」の疑いが持たれ、長期化するだけでなく肩こりや頭痛など、目と連動した箇所にも症状が発生します。

眼精疲労がの疑いがある場合には、しっかりと目の休憩や睡眠をとることはもちろん、早めに治療を行いましょう。

眼精疲労の治療法

眼精疲労の治療や対策としては、以下のようなものがあります。

<メガネやコンタクトレンズを確認する>
メガネやコンタクトレンズの度数が目と合っていないと、余計な負担がかかってしまうため、疲れ目や眼精疲労になりやすいとされています。

視力をチェックして、適切なものを使用しましょう。

とくに老眼の場合は、遠近のメガネを状況にあわせて使い分けるなどして、目の負担を軽減させることが大切です。

<眼病の検査>
ドライアイや白内障など、眼病が疑われる場合には検査を受けて治療を施しましょう。眼精疲労の原因が特定できず放置しておくと、治療が遅れて悪化するケースがあります。

ビタミンなどが配合されている目薬によって眼精疲労が改善することもありますので、眼科での健診はお早目に。

<目の生活習慣を改善する>
日常的にパソコンや携帯電話、スマートフォンを使用している方は、こまめに目を休める習慣を身につけましょう。数分程度の休憩でも効果はあります。

眼精疲労を防止するには、日頃のケアが大切です。目を酷使していると感じる方は、意識して労わってあげましょう。