流行性角結膜炎

 「はやり目」と言った方がまだ聞いたことがあるのではないでしょうか?以前はプールなどで感染するとされ、夏の流行り病という印象でしたが、近年では一年中感染例が報告されるようになりました。

 

アデノウイルス

 

 流行性結膜炎は「アデノウイルス」というウイルスに感染することによって発症します。アデノウイルスは種類が多く、感染した型によって、肺炎や咽頭結膜熱(プール熱)、胃腸炎などになる可能性があり、さらに消毒剤への抵抗力が強いうえ、アデノウイルスに対抗できる薬は未だ開発されていないという、そのようなやっかいなウイルスなのです。

 

流行性結膜炎(はやり目)

 

流行性角結膜炎 上述の通り、アデノウイルスによって発症した流行性結膜炎は感染力が高く、発症した人が目を触った手で、何かに触れ、それを健常者が触れてから目をこするなどの行為を行うと、高確率で感染するとされています。しかし、何かしらの媒体を通じた感染の可能性は高いですが、空気感染はしません。

 感染から1、2週間で症状が現れると言われています。症状としては、“白目が充血する”・“(時として目が開けられなくなるほど)目ヤニが増える”・“涙の量が増える”・“まぶた裏側にぶつぶつが出来る”等々。角膜に症状が及んだ場合、視力障害が起こる可能性もあります。

 

治療

 

 流行性結膜炎は発症から1、2週間で症状は治まると言われていますが、アデノウイルスには特効薬がありません。十分な休息と栄養補給をとりつつ、抗菌点眼やステロイド点眼などを使用します。しかし、生活環境により十分な休息をとることが難しい場合、完治までに一月程度かかる場合もあります。

 

治るまでの間に気をつけること

 流行性角結膜炎

 しつこいですが、アデノウイルスは感染力が強いです。人は集団の中で過ごす生き物です。家には家族が、1人暮らしの方でも外で人と
接触することがあるでしょう。そのため、感染を防ぐために気をつけなければなりません。“タオルを共有しない”・“手洗いはこまめにする”・“お風呂は感染者が最後に入る”・“人ごみに出かけない”などの対策が必要です。

 なお、流行性結膜炎は、学校保健法の第三種学校伝染病に指定されているので、感染の恐れがなくなるまで登校禁止となります。企業の場合は、そのような法的義務はないのですが、職場の内規で出勤停止が義務付けられている場合や、伝染を防ぐために出勤停止を医師から指示される場合があります。