正しいコンタクトレンズケア

コンタクトレンズのタイプ

コンタクトレンズにはハードコンタクトレンズの他に、1日使い捨てタイプ、2週間交換タイプや1ヵ月交換タイプのものがあります。

1日使い捨てタイプのものであればケアの必要はありませんが、何度も使用できるコンタクトレンズの場合、正しいケアの知識が必要になります。汚れたレンズを使用し続けることは目のトラブルを引き起こす原因となるからです。

 

洗浄、すすぎ、(消毒)、保存

リフレア,EYE豆知識,コンタクトレンズケア

それではコンタクトレンズの洗浄方法ですが、洗浄やすすぎを水道水で行ってしまうと、細菌などがコンタクトレンズに繁殖する危険があります。

かならず、洗浄液を用いてコンタクトレンズのケアを行うようにしましょう。

洗浄は指でこすって汚れを落とす「こすり洗い」と薬剤の中にレンズをつけておく「つけおき洗い」があります。理想的には両方を併用するのが安全性が高い方法と言えるでしょうが「こすり洗い」は必ず行ってください。

それというのもコンタクトレンズの汚れはつけ置き洗いでは落とし切ることができません。
コンタクトレンズの表面を物理的な力でこすり落とす必要があるのです。

ここで注意したいのが、コンタクトレンズを使用していると、通常の洗浄液では落ちないタンパク質の汚れがたまってきます。このタンパク質の汚れは空気に触れることで「変性タンパク質」へ変化します。

この「変性タンパク質」は装用感を悪化させたり、瞳のトラブルの原因となってしまいます。

最低でも2週間に一度はタンパク除去剤を使用し、コンタクトレンズに付着したタンパク質を除去してください。