コンタクトレンズを付けたままスポーツをする際の注意点とは?
スポーツに向いているコンタクトレンズの種類も併せてご紹介します。

コンタクトレンズとスポーツの相性

視力を矯正すると、スポーツのスコアやパフォーマンスが向上しやすくなります。その理由のひとつは、これまで「見る」ことに割いていた「集中力」をプレーに使えるということ。球技であればボールを見ようとする労力を減らし、キャッチしたり追いかけたりすることに集中できるということです。
スポーツをするのであれば、メガネよりもコンタクトレンズがおすすめです。メガネは、フレームが視界に入って気になったり、接触した際に破損して自他共に思わぬケガにつながったりする可能性があるからです。

身体の接触があるスポーツにはソフトコンタクトレンズ

コンタクトレンズには、スポーツによって適応できるものとできないものがあります。その基準は、運動の激しさの度合いや対戦相手と接触するか否かといった点。
基本的に身体の接触がない陸上や卓球、テニスなどは、どのコンタクトレンズも使うことができます。ハードコンタクトレンズも使えますが、ソフトコンタクトレンズに比べて目から外れやすく、また高価であるため、使用する際には注意が必要です。
バスケットボールやサッカーといった激しい動きを伴う運動や、ラグビーや柔道など対戦相手と接触するスポーツには、ソフトコンタクトレンズを推奨します。ハードコンタクトレンズは落下しやすい特性をもつため、これらのスポーツには向いていないのです。
ソフトコンタクトレンズはハードコンタクトレンズと比べてずれにくく、落下しにくいとされています。

1日交換タイプはどんなスポーツでもOK

ソフトコンタクトレンズの中でも、スポーツには1日交換タイプがおすすめです。
身体が激しく接触する格闘技から淡々とプレーするゴルフまで、どんなスポーツでも対応できるソフトコンタクトレンズですが、屋外や水中で使用した際にレンズが傷んでしまう可能性があります。
またウォータースポーツの場合はレンズの変形や感染症のおそれがあり、特に注意が必要です。ソフトコンタクトレンズは水分を取り込む性質があるので、プールや海の水を取り込んだレンズを使用し続けることは避けたほうがよいでしょう。
1日交換タイプのコンタクトレンズはその日のうちに交換するため、衛生面で安心です。

サマースポーツでコンタクトレンズを使う際の注意点

夏のお出かけスポットといえば海とプール。コンタクトレンズを付けたまま水に入ることは「絶対ダメではないけれど、良くもない」という答えになります。
高温・多湿の環境を好む菌やウイルスは、夏に増える傾向に。「流行性角結膜炎(はやり目)」や「咽頭結膜熱(プール熱)」は、どちちもプールで感染しやすいうえに、感染力も強い病気です。
そのような環境でコンタクトレンズを着用しながら泳ぐことは、リスクが大きいといえます。
コンタクトレンズをしたまま海やプールに入りたいという方は、予防策としてゴーグルの着用がおすすめですが、ゴーグルをしても目に水が入る可能性はゼロではありません。裸眼で度入りのゴーグルを着用していただくことが、一番安全かつ衛生的でしょう。
コンタクトレンズを外してプールや海から出たら、すぐにコンタクトレンズを装着しないように。海水や消毒液で目がダメージを負っているので、目を洗浄したあとはしばらく目を休ませてから着用してください。

ウィンタースポーツでコンタクトレンズを使う際の注意点

ウィンタースポーツを楽しむ際に気をつけたいのが「乾燥」です。スキーやスノーボードは、颯爽とゲレンデをシュプールするのが魅力のひとつですが、ゴーグルをしていないと直接目に風が当たり、とても乾燥してしまいます。
乾燥を防ぐには、瞬きをたくさんすることが基本の対処法ですが、滑っている最中に瞬きをすることは困難です。日差しや雪、衝突事故だけでなく、風から目を守るためにも、ゴーグルの装着は欠かせません。
ウィンタースポーツも、ハードコンタクトレンズよりはソフトコンタクトレンズをおすすめします。ゲレンデなど雪原でハードコンタクトレンズを落としてしまうと、見つけるのはほぼ不可能。万が一に備えて、1日交換タイプのコンタクトレンズを用意しておくと安心です。

「外に置きっぱなし」は要注意!

ウィンタースポーツで寒い地域に行った際は、コンタクトレンズの保存方法にも注意が必要です。
コンタクトレンズの保存液の主成分は生理食塩水。ほぼ「水」の保存液は、氷点下で凍ってしまいます。ゲレンデなど荷物を外に置きっぱなしにしてしまうと、コンタクトレンズが凍ってしまう可能性があります。凍ってしまったコンタクトレンズを解凍して使用するのはNG。解凍後の状態は、目にどのようなトラブルを引き起こすかわかりません。もったいないかもしれませんが、破棄しましょう。
ちなみに、装用しているコンタクトレンズは液体が動いているため凍ることはありません。

すべてのスポーツで注意すること

どんなスポーツであっても、コンタクトレンズを装用する際は注意が必要です。
たとえば、プレー中に風で目にホコリが入ったとき。思わず手でこすってしまいがちですが、コンタクトレンズを装用している時に目をこするのはNG。特に屋外では、自分が思っている以上に手が汚れている可能性があります。汚れた手で目をこするのは非常に危険です。瞬きを繰り返して涙で異物を流したり、目薬をさしたり、できるだけ手で触らないようにしましょう。
1日交換タイプのコンタクトレンズであれば、目にホコリが入ったときでも気軽にコンタクトレンズを交換することができるので、トラブルに対処しやすくおすすめです。

まとめ

コンタクトレンズに変えることで、これまでよりもっとスポーツを楽しめるようになるかもしれません。コンタクトレンズを付けてスポーツをする際は、ルールを守って安全に使いましょう。