コンタクトレンズを使っていて「よかった」と感じるのはどんなときでしょうか?
おしゃれを楽しむとき、スポーツをしたとき、旅行に行ったときなど、コンタクトレンズにしてよかったと感じるシチュエーションを集めてご紹介します。

オシャレ、メイクで「よかった」

「髪型、服装の幅が広がった」
「まつ毛を盛れるようになった」
「カラコンでオシャレ度がアップした」
「美容院で髪型がはっきり見えるようになった」
「よく見えるのでメイクがしやすくなった」
メガネからコンタクトレンズにしてよかったという声で一番多かったのは、アイメイクの自由度がアップしたこと。今やファッションアイテムの必需品になったカラーコンタクトレンズも、オシャレの幅が広がってよかったと感じる方が多いようです。
また、美容院などどうしてもメガネを外さなければいけないシチュエーションでも、コンタクトレンズの良さが活きてきます。

アクティブ、グルメでの「よかった」

「スポーツをするときはやっぱりコンタクトレンズ」
「フレームを気にせず景色を楽しむことができる」
「雨天でメガネを拭く手間が省けた」
「お鍋やラーメンを食べるときに曇らない」
スポーツをするときに、コンタクトレンズはマストアイテム。特に体が激しく接触するようなスポーツでメガネをかけていると相手にケガをさせてしまう可能性があるため、コンタクトレンズを使用する方が多いようです。
また、レジャーや野外イベントでコンタクトレンズが活躍したという声も多数挙げられました。雨天時など、メガネを拭く手間が煩わしく感じてしまうこともあるようです。ご飯の湯気などで曇らないことも嬉しいポイントでしょう。

思わず「しまった」と感じるシチュエーション

「うっかりコンタクトレンズを外し忘れた」
「パソコンを長時間見続けてドライアイ気味に」
「いつから使用していたか分からなくなってしまった」
「気づけば暖房が直接あたっていた」
これらはコンタクトレンズを使っていて「しまった」と感じるシチュエーション。思い当たることはありませんか?
うっかりの「しまった」を減らして、どんどん「よかった」と感じるシチュエーションを増やしていってください。