コンタクトレンズを使用していて、「なんで目から落ちないんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?薄くてツルツルしたレンズが、ピタッとくっついているのは不思議です。
そこで今回は、コンタクトレンズが目から落ちない秘密を解説します。

コンタクトレンズが目から落ちない秘密

 

目とコンタクトレンズの間には、「表面張力」という力が働いています。
角膜の薄い涙の層とレンズの間に涙の「表面張力」が機能している状態であれば、コンタクトレンズは落ちません。表面張力は表面積が広いほうが大きくなるため、ハードコンタクトレンズよりもサイズが大きいソフトコンタクトレンズの方が外れにくいといえます。

目から落ちるのはどんなとき?

コンタクトレンズが目から落ちてしまうのは、「水中にいる時」と「乾燥している時」。
プールや海などの水中では、目を開けると涙の表面張力が機能せず、コンタクトレンズが外れやすくなります。水中でコンタクトレンズが外れてしまうと発見はほぼ不可能なので、ゴーグルを装着するなど対策をとりましょう。
また、目が乾燥すると涙が少なくなり、表面張力が機能しなくなります。パソコンやスマートフォンを長時間使用しているとき、エアコンが強いときに、コンタクトレンズが突然外れたことはありませんか?
目の乾燥は、ドライアイの症状にもつながります。意図的に瞬きの回数を増やしたり、目薬を点眼したりして、乾燥を防ぎましょう。
ちなみに、点眼薬には使用期限があります。使用期限を過ぎた点眼薬は、細菌感染など目の病気を引き起こす可能性があります。一度開封したら長い間放置せず、できるだけ早めに使い切りましょう。

まとめ

コンタクトレンズが落ちてしまうのは、「水の中」と「乾燥状態」にいる時です。夏はプールや海などに行くことが多く、冬は常に乾燥しているので、1年を通して注意が必要になります。