“疲れ目”は見た目年齢を上げる? 目を癒すアイケア術

知らない内に老け込んでいませんか?

みなさんこんにちは。潤ヒトミです。

突然ですが、スマートフォンの使い過ぎやデスクワークで「疲れ目」になっていませんか?

ハイテク化が進む現代社会では仕方のないことかもしれませんが、衝撃事実です!
なんと!女子の疲れ目は、見た目女子年齢を5歳アップさせてしまうそうです!

知らない内に老け込んでいるのは非常に危険な状態です!

そこで今回は眼精疲労を解消すべく「目を癒すアイケア術」をレクチャー。

目も心も癒されてください♪

目に優しい色は緑色 なんででしょう?

リフレア,コンタクトレンズ講座,ヒトミ,目に優しい色は緑色,なんででしょう?

さて、一言に目を癒すと言っても様々な方法がありますが、目に一番優しい色をご存じですか?

答えはずばり「緑色」です!

なんとな~く「緑色は目に優しい」という事を知っている方も多いかもしれませんが、これにはちゃんと理由があります。

少し専門的なお話になってしまいますがお付き合いください。

人間の目には色を知覚できる波長域(可視光)というのがありまして、大体380nm~780nm(nm=ナノメートル)と言われています。この波長域に対応する色は、虹と同じで波長が短い方から主に紫、青、緑、黄、赤と分けられています。

そして人間の目は555nmの波長を一番少ない刺激で知覚できると言われており、その波長域が「緑色」というわけです。


よく「疲れたときは遠くの緑を」「森林浴でリラックス」な~んて聞きますが、知らず知らずのうちに目が緑を求めていたんですね。

逆に目にあまりよくない色は「赤」とされています。赤は波長が長く目の奥まで届いてしまうため、目に刺激を与えて疲れさせてしまうんです。

視力検査で赤と緑の二重丸、どちらがはっきり見えるか、という検査をしたことはありませんか?

こちらは「レッドグリーンテスト」と呼ばれるもので。赤の光は波長が長く目の奥まで届き、緑の光は短いため手前までしか届かないという距離のずれを利用したテストです。

目に異常がなければ、赤・緑の二重丸どちらともがはっきり見えますが、近視の方は赤がはっきりと見え、遠視の方は緑がはっきりと見えるということです。

試しにパソコンのデスクトップを緑色にしてみてください。大分印象が変わると思いますよ。

普段の生活にどんどん緑色を取り入れてみてください!

目に優しい食べ物は「ブルーベリー」で決まり?

リフレア,コンタクトレンズ講座,ヒトミ,目に優しい食べ物は「ブルーベリー」で決まり?

色を意識していただいた次は、目に優しい食べ物をご紹介いたします。


近年、疲れ目に効く食べ物として注目されているのが「ブルーベリー」です。

ブルーベリーと目の関係性を調べるきっかけとして、夜間でも敵機がよく見えて戦果をあげていた英国パイロットの大好物がブルーベリージャムだったため、というお話があります。ホントかな?

ブルーベリーの果皮には目に良いとされる紫の色素「アントシアニン」が多く含まれていて、目の中の網膜にあるロドプシンという物質の再合成を助ける働きがあるとされています。

「アントシアニン」は黒豆やぶどうなどにも含まれていますが、ブルーベリーが注目されているのは、アントシアニン成分を15種類も含んでおり、どのアントシアニン成分も熱や冷凍保存でも安定しているからとされています。

このように「アントシアニン」の王者として君臨するブルーベリーですが、最近の研究で「カシス」の方が「アントシアニン」を多く含んでいるという結果がでてしまいました! ブルーベリー王座陥落!?

…結果から言いますと「引き分けッ!」といったところでしょうか。

実はアントシアニンにはたくさんの種類があり、その中に入っている成分の種類や組合せの割合によって効果に大きな差がでることがわかっています。

カシスの方が成分量は多いのですが、効能がブルーベリーとは違うということなんですね。

カシスの効能としては「目の緊張を和らげる作用」それに対しブルーベリーには「目の疲れをとる作用」があります。

両者共に目に効く成分を多く含んでいるのは間違いありませんので、用途に応じて摂取してみてくださいね!

目に優しく効くマッサージケア術

さて「目が疲れた!すぐにどうにかしたい!」という方には目のマッサージが有効です。


よく無意識に目をこすったり、まぶたをグリグリと押しているかもしれませんが、目をこするのは衛生的ではありませんし、まぶたを押すとコンタクトレンズがずれたり、目に必要以上に負担をかけてしまいますので避けましょう。

リフレア,コンタクトレンズ講座,ヒトミ,目に優しく効くマッサージケア術

こちらは指の腹を使って誤って目に指が入らないよう気をつけてマッサージしてください。

少し痛みが伴う場合は、その部位が弱っているということです。少し念入りにマッサージケアしてあげてください。

 

リフレア,コンタクトレンズ講座,ヒトミ,マッサージと合わせて行いたい「目の温ため」

マッサージと合わせて行いたいのが「目の温め」です。

目を温める専用パックが発売されるなどその効果は実証済み。

蒸しタオルで十分代用できますが「蒸しタオルを作るのが面倒くさい」という方は水を絞ったタオルをラップで包み電子レンジで30秒ほど加熱してください。

ホカホカの蒸しタオルの出来上がり!蒸しタオルの気持ち良さは折り紙付きです。

 

目に優しいアイケア術、どれもお手軽に試せる内容です。ぜひお試しあれです!