コンタクトレンズとシワ

 

みなさんこんにちは。潤ヒトミです。

ヘルス&ビューティーを気にする女子にとって大敵なのが「シワ」です。

「目元のシワが気になる…」「眉間のシワが深くなったような気が…」
どんなに気にしても年齢と共にできてしまうシワは、上手に付き合っていくしか
ありません。

ですが、コンタクトレンズとシワは意外に関係しているのをご存じですか?

そこで今回は「コンタクトレンズとシワ」というテーマでちょっとした豆知識とシワ予防法をレクチャー。

シワをピーンっと伸ばしちゃいましょう!

 

適度な休息が必要なワケ

リフレア コンタクトレンズ講座 ヒトミ 適度な休息が必要なワケ

このコンタクトレンズ講座でも度々レクチャーしてきました「目を適度に休ませましょう」というのは、ドライアイ、眼精疲労を防ぐためです。

ドライアイになれば点眼薬を使用する方もいるでしょうし、眼精疲労で目を細めたり目をこすったりとまぶたに触る機会&まぶたを動かす機会が増えます。

実はこれが結果的にシワをつくる原因になってしまうことがあるんです。

鏡で確認してみれば一目瞭然ですが、目を閉じたり開けたりすると目元にシワができます。これは皮膚の伸縮で必ず起きることですが、必要以上に目の周りの筋肉を動かすと肌に負担をかけてしまうのです。

特に目の周りの皮膚は薄いので注意が必要になります。

眉間のシワも同様で、オフィスなどでパソコンを使用してつい眉間にシワを寄せていませんか? シワを寄せれば寄せるほど、どんどんシワは深く刻まれていきます。

「いつも不機嫌そう」「目つきが悪い」と言われたことのある方は知らず知らずのうちに眉間にシワを寄せているのかもしれませんよ。ストップ般若フェイス!

意外に意識しないことですが、点眼薬を使用するときに思いっきりまぶたを指で開いていませんか?

こちらもまぶたにとって、必要以上に負担をかけていることになります。

慣れれば指を添えるだけで点眼薬は使用することができますので、少しずつ慣らしてみてはいかがでしょうか?

 

コンタクトの装用にも気をつけるべし!

コンタクトレンズの装用にも気を付けるべし!

点眼薬を使用する際、まぶたを力まかせに開きすぎないように!と述べましたが、コンタクトレンズユーザーならば毎日することがあります。

それはコンタクトレンズの付け外しです。

コンタクトレンズの付け外しはある程度の慣れが必要ですが、必要以上にまぶたをひっぱっていませんか?

力まかせに毎日最低2回、まぶたを力強くひっぱることは、今までのレクチャーでおわかりのように、シワを作る原因になってしまいます!

チリも積もれば山となる、のように毎日力まかせにまぶたをひっぱるのは指の力はアップするかもですが、まぶたは確実にダメージを受けています。

正しいコンタクトレンズの付け方は潤ヒトミのコンタクトレンズ講座第3回「正しいコンタクトレンズの付け方は」でしっかりレクチャーしています。

まぶたに優しいコンタクトレンズの装用がシワ予防につながりますよ。

 

老眼が眉間にシワを作る?

リフレア コンタクトレンズ講座 ヒトミ 老眼が眉間にシワを作る?

眉間にシワを寄せる原因として、コンタクトレンズの度数があっていない可能性があります。

目のピントを合わせようと、目を細めたり開いたり…ここまで読んでいただけているのであれば、もうおわかりですね。即座にストップです!

なんだか最近ピントが合わない、と感じたら眼科医さんに相談してください。正しい度数でコンタクトレンズを使用することは眼精疲労や視力低下の予防になります。

そしてもう一つ、度数が合わなくて眉間にシワを寄せる原因になるのが「老眼」です。

老眼の「老」に嫌悪感を示す方が多いとは思いますが、老眼は誰にでも起こることです。特に40代の方であれば顕著に症状がでてきます。

対処法としてはコンタクトレンズの度数を下げるだけで症状が改善される場合があります。いずれにせよ自己判断せず、眼科医さんの判断を仰いでくださいね。

シワを作って「渋い」「ダンディー」と呼ばれていいのは殿方だけです。

ほんの少しの気遣いがシワ予防になること間違いなし!
合言葉は「軽く」「優しく」です!