コンタクトレンズと秋

そのクシャミ、本当に風邪?

みなさんこんにちは。潤ヒトミです。
千年に一度の暑さとか、数十年に一度の大雨だとか、なんだかんだとお天気に振り回された夏でしたねー。

リフレア,コンタクトレンズ講座,ヒトミ,そのクシャミ、本当に風邪?

そんな夏も、いよいよ終わりを迎え、本格的な秋シーズンが到来します。
実はわたし、秋が季節の中で一番好きなんです。

秋の味覚に、美味しい食べ物…
はっ!? 楽しみにしすぎて同じことを2回言ってしまいました。

楽しみも多い秋ですが、気をつけなければならないこともあります。
それは季節の変わり目の体調管理です。

夏と同じ格好で寝ていて、朝起きると…
「クシュン!!」

はい、風邪をひいてしまいます。
ですが、クシャミが出る、鼻づまりになったからといって、風邪と決めつけるのは早いかもしれませんよ?

 

春だけじゃない、秋の花粉症

コンタクトレンズ愛用者を悩ます「花粉症」。
なったことのある方ならわかると思いますが、目のかゆみ、クシャミ、鼻づまり…

あの不快感はなにものにも耐えがたい辛さです。

そんな極悪な花粉症は春になると話題になりますが、実は花粉症の原因になる花粉は一年中、宙を舞っているのです。

花粉症の代表的な花粉といえば「スギ花粉」ですが、秋の花粉は「カナムグラ」「ヨモギ」「ブタクサ」といったところです。
スギ花粉に比べ飛分量は少ないとはいえ、油断は禁物です。

「なんだか毎年、秋のはじめに風邪をひいている」「風邪なのに目もかゆい…」といった症状に思い当たる節はありませんか?

それ、風邪ではなく花粉症かもしれませんよ?
思い当たる方は、一度耳鼻科にご相談に行くことをおすすめします。

もしも花粉症だったとしても、症状がわかれば対処の仕様があるってもんです。
まずは自分の体の状態を知ることから始めましょう。

秋の味覚に思わず踊ってしまいます

リフレア,コンタクトレンズ講座,ヒトミ,秋の味覚に思わず踊ってしまいます

さて、花粉症の後は、秋の味覚について説明させていただきます。

えっ? つながりがわからない? いえいえ、ちゃーんとつながっていますよ。

お料理は五感すべてを使って楽しむものと言われています。その中でも重要なのが「香り」と「見た目」で楽しむということです。

「香り」については説明するまでもなく、秋の味覚の代表のマツタケ、サンマ、栗、ぶどう…などなど、どれもこれも香り高いものばっかりです。思い浮かべるだけでヨダレがでてきます!

もしも鼻づまりで香りがまったくわからない…なんてことになったら、泣いてしまうほどショッキングです! 鼻をつまんで食べているのと一緒です!

少々アツくなってしまいましたが、香りというのはそれだけ大事な要素なんです。どうせなら美味しくいただきたいですよね?

同様に「目で楽しむ」ということも、お料理を楽しむ上でとても大事なことです。
じつはこれ、科学的に実証されていることですが、同じ食べ物でも色や見た目を変えることで、味が異なって感じられるということがわかっています。

せっかくの美味しい秋の味覚も、「目がかゆい」「涙が止まらない」など、あまり良く見えていない状態では美味しさ半減ということです。

どうでしょうか? 花粉症が秋の味覚を楽しむ上で、どんなにおジャマになるかわかっていただけたでしょうか?

ぜひ皆さまには良好な視界で美味しく味わっていただきたいです。

秋でしか見れない自然のパノラマ

リフレア,コンタクトレンズ講座,ヒトミ,秋でしか見れない自然のパノラマ

食べ物のことばかり力説するのも、食いしん坊と勘違いされてしまうので(間違ってはいないです…)秋ならではの、自然の楽しみ方をレクチャーします。

わたしが声を大にして言うことでもないですが、やはり、秋の自然といえば紅葉です。

夏の若々しい緑色から、鮮やかな赤に色づいた木々は、わたしたちの目を楽しませてくれます。

木々が連なる山々は、思わずため息が出るほど美しい風景です。パノラマで見てもよし、山ガールになって、登山を楽しむもよしと、魅力たっぷりな秋の紅葉です。

わたしはコンタクトデビューしてから登山に行きましたが、視界のジャマになるものがない、というのは思った以上に快適です。せっかくの景色もフレームの枠があったら魅力半減です。

それと登山はなかなかの運動ですので、外れにくいソフトコンタクトレンズは相性がいいようです。

この秋に山ガールデビューを考えている女子はぜひお試しください。
食べすぎにも要注意ですよ!