世界のコンタクトレンズ事情

世界中で使用されるコンタクトレンズ

みなさんこんにちは。潤ヒトミです。

普段わたしたちが使用しているコンタクトレンズ。
もちろん、世界各国で使用されているのですが、国によって使用タイプや使用者平均年齢が大きく異なるようです。

そこで今回は世界各国の様々なコンタクトレンズ事情をレクチャ-。

世界のコンタクトレンズはいかに!?

使用者平均年齢と交換タイプ

世界のコンタクトレンズ

日本でのコンタクトレンズ使用者の平均年齢数は約30才、女性の比率が69%というデータがありますが、こちらは世界の利用者のデータと比べ平均的なデータとなっています。

ちなみに国別データで一番平均年齢が高い国はイギリスの36,7才、平均年齢が低い国が韓国の24,7才と発表されています。

韓国は美容意識の高い国として有名ですが、使用平均年齢が低いことに関係しているのでしょうか?

また、女性の比率を表したデータで注目したいのが、台湾の83%という数値。女性比率が8割を超えている国は発表されている国の中では台湾だけです。

逆に女性の比率が58%ともっとも低いのがペルーでした。

こうして各国のデータを見ていくと千差万別、お国柄があらわれているように思います。
近い将来、日本でもコンタクトレンズの普及がもっと進めば使用平均年齢も低くなっていくのかもしれませんね。

コンタクトレンズの処方割合

世界のコンタクトレンズ 事情

ご存じのようにコンタクトレンズは大きく分けて、ハードタイプとソフトタイプの2種類に分けられます。

現在、日本ではハードコンタクトの処方割合が20%とソフトコンタクトレンズが主流になっています。

しかし、世界的視点で見ると20%という数字は決して低くはなく、世界的平均の9%を大きく上回っています。

他にハードコンタクトレンズの処方割合が高い国はオランダ24%、イスラエル21%、クロアチア20%となっております。

逆にハードコンタクトレンズの処方割合が低い国はオーストラリア、アイスランド、リトアニア、ルーマニア、台湾で、0%に近い数値となっております。

近年新たに注目を集めるコンタクトレンズの素材として「シリコーンハイドロゲル」というものがありますが、こちらの処方割合のデータも発表されています。

日本は26%と低い数値でしたが、フランス86%、ブルガリア、カナダ82%、アメリカ73%と欧米、特に乾燥気候の国では処方割合が高いようです。

コンタクトレンズの交換サイクル

世界のコンタクトレンズ 使用期間

それでは最後に、国別コンタクトレンズの交換サイクルをみてみましょう。

まず、世界的な普及割合は1日交換タイプ(30%)、1~2週間使い捨て(18%)、1ヶ月交換(44%)、3-6ヶ月交換(4%)、1年交換(4%)に対して、日本の普及割合は、1日交換(49%)、2週間交換(46%)、1年交換(2%)と、1日交換タイプと2週間交換タイプが多い結果となっています。

アメリカでは1ヶ月交換タイプの割合が多いのですが、デンマークや香港では1日使い捨てコンタクトレンズの割合が高くなっています。

アジア、欧米などでの差はなく、あくまで国単位で数字が異なっていますので、国民性の違いが数字に直結しているようです。

世界の様々なコンタクトレンズ事情を数字を交えてレクチャーしましたが、いかがだったでしょうか?

世界各国で使用されているコンタクトレンズ、共通合言葉は「目指せコンタクトマスター」です!