コンタクトレンズの「よかった」

「よかった」と感じるシチュエーション

みなさんこんにちは。潤ヒトミです。

突然ですがみなさん、コンタクトレンズを使っていて「よかった」と感じるときはいつでしょうか?

わたしは趣味でジョギングをしているのですが、ジョギングをしながら見る景色がハッキリクッキリ見えるとき「コンタクトレンズにしてよかった」と感じます。

「よかった」と感じる瞬間は人それぞれだとは思いますが、今回はそんな「よかった」と感じるシチュエーションを集めてみました。

あなたの「よかった」はあるでしょうか?

オシャレ、メークで「よかった」

コンタクトレンズ|オシャレメーク

それではまず紹介するのは「オシャレ」「メーク」をするときの「よかった」です。

「髪型、服装の幅が広がった」
「まつ毛を盛れるようになった」
「カラコンでオシャレ度がアップした」

う~ん、女子らしい意見が挙げられました。

一番多い「よかった」の要素としてはアイメークの自由度がアップしたことですね。
メガネだと無意識のうちにアイメークを遠慮がちにしてしまうもの。

また、今やファッションアイテムの必需品になったカラコンも、オシャレの幅が広がるということで「よかった」と感じる女子が多いようです。

その他にも
「美容院で髪型がはっきり見えるようになった」
「よく見えるのでメークがしやすくなった」

思わず頷いてしまう「よかった」も挙げられました。

どうしてもメガネを外さなければいけないシチュエーションで、コンタクトレンズの良さが活きる「よかった」ではないでしょうか。

アクティブ、グルメでの「よかった」

コンタクトレンズ|グルメ

お次はアクティブなシチュエーションでの「よかった」を挙げていきます。

「スポーツをするときはやっぱりコンタクトレンズ」
「フレームを気にせず景色を楽しむことができる」
「雨天でメガネを拭く手間が省けた」

わたしも冒頭で挙げましたが、スポーツをするときにはコンタクトレンズは欠かせないマストアイテム。特に体が激しく接触するようなスポーツをするときは相手にケガをさせてしまう可能性があるため、コンタクトレンズを使用する方が多いようです。

また、レジャーや野外イベントでの「よかった」も多数挙げられました。

雨天時など、メガネを拭く手間が煩わしく感じてしまうことがあるようです。
さらにこんな「よかった」も。

「お鍋やラーメンを食べるときに曇らない」

これはこの時期、多くの方が感じる「よかった」になりそうです。湯気の向こうの世界を覗いちゃってください!

思わず「しまった」と感じるシチュエーション

コンタクトレンズ|NG

それでは最後に思わず「しまった」と感じるシチュエーションを紹介します。

「うっかりコンタクトレンズを外し忘れた」
「パソコンを長時間見続けてドライアイ気味に」
「いつから使用していたか分からなくなってしまった」
「気づけば暖房が直接あたっていた」

これらの「しまった」はこれからのシーズン、増えがちなシチュエーションではないでしょうか。

年末に向けて忘年会や打ち上げなど、お酒を飲む機会が増え、ついついコンタクトレンズを外し忘れて就寝…
寒さが本格的になり、知らない間にオフィスが暖房を使用していてドライアイ気味に…

仕事が忙しく、気づけば休憩をとらずにパソコン画面を見続けていた…

など思い当たるシチュエーション、ありませんか?
自分では気をつけているつもりでも、思わずうっかりの「しまった」がこれからのシーズン予想されます。

うっかりの「しまった」を減らして、どんどん「よかった」と感じるシチュエーションを増やしていってください!