運転免許の適正視力

運転の視力の基準は?

リフレア EYE豆知識 コンタクトレンズの使用方法 運転免許の適正視力

自動車の運転免許の交付や、更新に必要な視力は両眼で0.7以上が基本となり、片眼0.3未満の場合は、もう一方の片眼で0.7以上の視力と視野左右150度以上が必要となります。

これらはコンタクトレンズやメガネで矯正した視力でも可となり、レーシックなどの視力回復手術による矯正も認められています。

普通免許に求められる視力基準ついては、コンタクトレンズやメガネの専門店ならおおよそ把握しています。新たに免許を取得される方は、いわゆる自動車学校で最初に適正検査がありますから、そこで確認できます。

一方、免許の更新の際は事前に視力検査があります。

コンタクトレンズを装用している場合、免許の適正検査にあたって多くの方は視力0.8~1.0を目安にします。販売店側もそうしたアドバイスをするところが多く見られます。

運転免許証の種類

運転免許証の種類両眼0.7以上の視力を基準とする普通免許を、正式には普通第一種免許といいます。

そのほか中型第一種免許(8t限定中型)、二種免許なども同様の視力基準です。
50ccバイクなどの原付免許は両眼で0.5以上となり、片眼が見えない場合はもう一方の片眼で0.5以上、視野150度以上となっています。

定期的な視力検査を受ける

オフィスワークで私たちの目は酷使され、日本人の6割が近視といわれています。運転免許の適正視力に対して、裸眼で大丈夫と思っている方も気づかない内に視力基準を下回っていることがあります。

当然のことですが、運転に視力は絶対不可欠です。免許の取得や更新の際はもちろん、運転される方は単に適正検査に必要ということではなく、安全運転を続けるために定期的に視力検査を受けましょう。