眼精疲労の原因を探る

 

疲れ目と眼精疲労

リフレア EYE豆知識 コンタクトレンズの用語 頭痛

眼精疲労と疲れ目。どちらの言葉からも「目の疲れ」というイメージができると思いますが、意味の違いまでは中々わからないものです。

疲れ目とは、長時間のパソコン作業や読書などで、目に痛みやかすみ、異物感を感じる症状のこと。

ただし疲れ目の場合、一晩で症状が回復するということが多いようです。

対して眼精疲労の場合は、物を見ているだけで目の痛みや疲れを感じ、頭痛、吐き気、肩こりなどの全身症状を伴います。

一晩寝ても症状の改善が見られず、持続的に疲れ目を感じ続けていると眼精疲労に発展するといわれています。

眼精疲労の症状には目が疲れる、ぼやける、かすむ、目が痛い、目が重たい、まぶしい、涙がでてくる、充血などがあげられ、先に挙げたように全身症状として頭痛、吐き気、めまい、肩こり、倦怠感などを伴います。

眼精疲労の原因

よくある眼精疲労の原因として、パソコンやスマートフォンなどの長時間使用が挙げられますが、精神的なストレスからも眼精疲労の症状が出ることがあります。

また更年期障害、自律神経失調症、耳や鼻の病気などの体の不調が原因となり眼精疲労が起こることがあります。

眼精疲労はいくつかの原因が重なって症状が悪化してしまうことが多くあります。
ひとつの原因に対して治療を行っても症状がよくならないという場合は、眼科での問診や検査でさらに原因を洗い出す必要があります。