眼の中のゴミ

視界に黒っぽい虫のようなものふよふよしてて不快な思いをしていらっしゃる方はございませんか。

 あなた、「飛蚊症」の疑いがあります。

 黒っぽい虫ではないけど、半透明の糸くずやゴミのようなものとか、雲みたいなものがふよふよ動いていて白い壁などを見たときにはっきり見える方いらっしゃいませんか。

 あなたも、「飛蚊症」が疑われます。

 コンタクトレンズユーザーでしたらレンズに付着したゴミかと思うかもしれません。

 しかしレンズを洗浄しても見えるようなら、残念ながらやはり飛蚊症と考えられます。

 

 飛蚊症は特に近視の方に多く見られ、原因は特に治療の必要がない生理的なものと、病気が原因で引き起こされるものがあります。

 眼球の中は空洞ではなく、硝子体(しょうしたい)というゼリー状の透明な物質が詰まっています。ほとんど水分で、わずかに繊維を含んでいます。この硝子体は年齢に伴い成分が変化して濁りが生じます。さらに進行すると、硝子体の水分が減って小さくなり眼底からはがれることもあります(硝子体剥離)。この濁りや硝子体がはがれた部分が黒い点のように見えるのです。目の前にあるように見えるそれらは、実際には眼の中にあるので、眼を動かすと一緒にふよふよ動きます。また、網膜に近い場所の濁りほどはっきり見え、濁りの程度や量によって人それぞれ見えているものの大きさや形が異なります。

 飛蚊症は視力低下や痛みを訴えることが少ないとされ、あまり治療の対象とされませんが、網膜剥離や硝子体出血などの病気の一症状である可能性もあります。

 

 病気が原因で引き起こされる飛蚊症として、「網膜剥離」「硝子体出血」「ぶどう膜炎」などが挙げられます。

 網膜剥離は、文字通り網膜がはがれる病気です。痛みを伴わないため気づきにくく、前兆として飛蚊症の症状が出ます。網膜がはがれてしまうと視野が狭くなり、剥離が網膜の中心部である「黄斑部」に及ぶと急激に視力が低下し、失明に至る恐れがあります。

 硝子体出血は、眼球内での出血が硝子体の内部に溜まった状態です。出血自体は短期間で止まることが多いのですが、上述した通り硝子体はゼリー状なので、血液が吸収され、なくなるのに時間がかかります。この溜まった血液が視界を遮り、視力低下や飛蚊症を招きます。出血が持続している場合は網膜剥離が疑われます。

 ぶどう膜炎は脈絡膜・虹彩・毛様体によって構成されるぶどう膜と呼ばれる部位の炎症です。飛蚊症のほか、かすみがかって見えたり、まぶしさを感じるといった症状がみられます。眼の中で起きる炎症なので、治療には数ヶ月から数年みなければなりません。

 

 飛蚊症自体はたいしたことがない症状と軽視されがちですが、上に挙げたような病気が原因の場合もあります。いずれも重篤な病で一つ間違えたら失明の恐れがあります。定期検査のつもりで是非眼科を受診されることをおすすめします。