目に違和感を感じたら

目の違和感、不快感について

コンタクトレンズ 違和感

違和感や不快感は、体からの「メッセージ」です。

もし「痛み」という感覚がなければどうなってしまうでしょうか。きっと、体の異常を発見できず、治療が行われないまま放置してしまうことでしょう。

それは、コンタクトレンズのずれにも言えることです。

いつもと違って「どうもコンタクトレンズがずれてしまう」ということがあれば、早めに原因を探ることが大切です。

もしかしたら、目が不調を訴えているのかもしれません。

原因別 コンタクトレンズのずれ解消法

<裏表が逆>
コンタクトレンズには裏表があります。
一見しただけではわかりづらく、確認せずに装用すると、うっかり間違えてしまうことも。
コンタクトレンズを装用する前に、人差し指に乗せてしっかりと確認しましょう。
裏返しになっている場合には、ふちの部分がめくれ上がっていることが多いですが、コンタクトレンズの種類にもよりますので、こちらも確認が必要です。

<左右の間違い>
裏表の間違いと同様によくあるのが、左右のつけ間違えです。左右のコンタクトレンズ
がまったく同じ度数であれば問題ありませんが、違う場合には見え方に違和感を覚えるはずです。

度数の違いがわずかであっても、頭痛の原因になったり思わぬトラブルを引き起こす可能性もあります。

左右で異なる度数のコンタクトレンズを使用している方は注意しましょう。

<傷や汚れ>
コンタクトレンズを装用していないときでも、目に異物が混入すると不快感を覚えるものです。
たとえほんの小さな砂粒でも、痛みを感じるほど目は敏感な器官です。

コンタクトレンズを装用していて違和感、不快感を覚えた場合、一度レンズを外してじっくりと観察してみましょう。

異物が目に残っている場合には、水で洗うか点眼薬で対応します。
コンタクトレンズの傷や汚れは、肉眼では確認できない場合もありますので、改善されない場合には眼科医などで検査を受けてください。

<目の乾燥>
オフィスなど、空調がきいている場所に長時間いると、目が乾燥しがちです。とくにパ
ソコン画面を見続けている場合には、まばたきの回数が減るために、より乾燥してしまい ます。コンタクトレンズを外して目を休ませてあげると良いでしょう。

<睡眠不足>
眠い時には「あくび」がたくさんでます。
それは、睡眠不足によって目が乾き、体が涙の分泌を促進しているからです。目の水分が平常時よりも多くなれば、それだけコンタクトレンズはずれやすくなってしまいます。

原因がわからない場合には

どうしても原因がわからない場合には、眼科で検査を受けましょう。眼病やアレルギーの可能性もありますので、我慢しないで早めに対処することが大切です。