目に違和感があればすぐに視力検査を

 

視力が生活に及ぼす影響

視力が悪くなると体の様々な症状の原因になります。

例えば肩こりや頭痛が一般的な症状です。

もし、今まで視力の矯正を行っていなかった人でも、こうした症状が頻発するようであれば、眼科を受診して視力の検査を行ってみてください。

また「遠くを見るときに目を細める」や「新聞やスマホ画面を顔に近い所で見る」などの傾向があれば視力が低下している可能性があります。

正しい視力の検査をして対策することで、体への二次的負担を軽減することができます。

視力矯正具を用いる目安

リフレア,EYE豆知識,視力検査

視力の検査の目安として「両眼での視力が0.7未満で、片眼での視力が0.3未満」であれば、自動車運転免許証を取得する際に「眼鏡等で両眼視力を0.7以上、片眼での視力を0.3以上」とするように矯正を要求されます。

条件に合わない方はコンタクトレンズ等を利用して視力矯正を行なう必要があります。職業によっては「矯正視力が1.0以上必要」などの独自のルールを持っている場合もあります。

視力の不足分を矯正して仕事に支障をきたさないようにすることが必要です。

目の酷使や十分な睡眠が確保できない等の理由で、視力の悪化が徐々に進行してしまうケースもあります。定期的に視力の検査を行い、自身の視力の状況を知っておくことが大切です。

眼科での視力の検査

実際にコンタクトレンズなどを使用した後の検査では、度数は合っているか、レンズの手入れの仕方や継続利用に関して問題がないか、目の病気がないか、などトラブルを未然に防ぐための処置が行われます。

検査のタイミングは最初の購入から1週間で1回、その後は定期的に検査を受けることをオススメします。

視力矯正具を使用するにあたっての注意

コンタクトレンズはネット上で購入することが可能になっています。

基本的に処方箋は不要ですが、コンタクトレンズは高度管理医療器具に該当するため、装着後も定期的な眼科での診断継続が必要です。

特にコンタクトレンズ装着での違和感があれば、すぐにかかりつけの眼科に相談して、診察を行ってもらいましょう。

早めの検査が大きなトラブルの回避につながります。