洗浄液の種類

洗浄液の役割

コンタクトレンズ洗浄液,種類,使い方

コンタクトレンズを装用するとタンパク質や脂肪、カルシウムなどの涙液分泌がコンタクトレンズに付着します。これらの汚れをそのまま放置しておくと装用感が悪くなったり、目に障害を起こす原因となります。


これらを防ぐために、1日使い捨てコンタクトレンズ以外のコンタクトレンズには、毎日の洗浄による、しっかりとした手入れが必要となります。

コンタクトレンズの洗浄液の種類

現在、コンタクトレンズの洗浄液は主に3タイプあります。
MPS(マルチパーパスソリューション)
MPSとは、ソフトコンタクトレンズの洗浄、すすぎ、保存、消毒を1液でおこなうことができる洗浄液です。このタイプの洗浄液が、現在もっとも普及している洗浄液になります。MPSには消毒効果がありますが、こすり洗いをしなければ微生物が増えていく恐れがあるので注意が必要です。また、レンズケース内で微生物が増殖する可能性もあるので装着前のすすぎも欠かせません。

・過酸化水素系タイプの洗浄液
強力な消毒力でコンタクトレンズをリフレッシュし、高い洗浄効果が期待できます。非常に洗浄力が高いためコンタクトレンズを清潔に保つことができますが、一定時間の中和が必要になりますので、一度洗浄をするとしばらく使用できない時間があります。
中和剤を使用せずコンタクトレンズを目に入れてしまうと、目に激痛がはしるので要注意です。

ポビドンヨード系の洗浄液
過酸化水素系タイプと同じく消毒作用が非常に強い洗浄液ですが、こちらは中和せずに入装着してしまっても、過酸化水素系ほどの刺激はありません。

ソフトコンタクトレンズを快適に使用するために

コンタクトレンズの正しい使用には洗浄液は欠かせないものです。
使用しているコンタクトレンズのタイプ、また生活環境によっても自分に合った洗浄液は変わりますので、注意して使用してください。