円錐角膜について

円錐角膜はコンタクトレンズで治療できます

通常、角膜はドーム状の形状をしていますが、角膜が円錐状に突出してきて中央部分が薄くなる目の疾患を「円錐角膜」といいます。

現状、原因はまだはっきりしていませんが、遺伝やアトピー、喘息などのアレルギー疾患との関連性が指摘されており、眼をこする癖もこの疾患の誘因だともいわれています。

発症時期は10代が最も多く、その後少しずつ進行していき30代から進行が鈍化します。以前は1万人に1人、という稀な病気とされていましたが、近年は2千人に1人ともいわれ、患者数は増加傾向にあります。

円錐角膜の症状としては、物が歪んだり何重にも見えたりします。初期症状としては光が眩しく感じ過敏になる程度ですが、病気が進行すると物がぼやける、さらに歪みがひどくなっていきます。また強度の近視、または乱視を併発することも多いことも特徴です。

円錐角膜とコンタクトレンズの効果

円錐角膜の治療法として、コラーゲン・クロスリンキングやリポフラビンといった紫外線を使用する療法も近年発表されましたが、中期症状の円錐角膜はハードコンタクトレンズで矯正できます。

ハードコンタクトレンズを着用することで、円錐角膜の不正な角膜表面を涙液とハードコンタクトレンズで被い、角膜の形状を正常に戻します。

最近のコンタクトレンズの性能が優れているために、日本では円錐角膜で手術をうける方は少ないのが現状で、正しい処方とハードコンタクトレンズの飛躍的な進歩によって、円錐角膜を患っていても、発症前とほとんど変わりなく生活することが可能になっています。

ハードコンタクトレンズでの矯正が困難な場合は、先に挙げた新療法や角膜移植手術を行います。その他の治療法としてレーシックなどのレーザー治療も選択肢としてありますが、角膜が破けてしまう可能性があるので不向きとされています。