レーシックについて

レーシックの現状と問題

リフレア,EYE豆知識,レーシック手術

近年、近視の有効な治療のひとつとなりつつあるレーシック。

「目の角膜を削り、屈折率を変化させることで近視を矯正させる。」という手術による近視の治療手段です。

スポーツ選手や芸能人が視力を回復させたことが話題になり、一般の方でもレーシック手術を受けて、メガネやコンタクトレンズの不要な視力を回復させている方々も多いようです。

このレーシック、「100%成功するもの」とは言い切れない現状があります。多くは「条件に適さない方に手術を施した」ことによる失敗であり、「医師の技術的な未熟さ」による失敗なども原因として報告されています。

レーシックは「一度手術を行ったら一生効果がある」というものでもなく、人によって効果の継続期間が異なるとも言われています。

レーシックの適性について

レーシックは誰にでも手術が可能なものではありません。

年齢、近視の度合い、角膜の厚さによる制限、内科系の疾患を持っていることによる制限など、適さない方がいることが報告されています。

最も危険なのは、このような問題点を医師側と患者側が十分に共有せずに手術を行ってしまい、結果として更に目にダメージを与えるような失敗の状態となってしまうことです。

後遺症で悩まされる方や、度重なる再手術でも治らないという方がいることを理解する必要があります。

より安全なコンタクトレンズの利用を

レーシックに対して不安に感じる部分があるのなら、視力矯正器具であるコンタクトレンズを活用し続けることをオススメします。

視力を回復する上で、より現実的かつ効果的な方法です。ただしコンタクトレンズは高度管理医療器具に該当します。装着後も定期的な眼科での診断継続が必要な点を留意してください。