コンタクトレンズ購入に通販を利用するなら

コンタクトレンズ通販事情

現在、コンタクトレンズ通販の広告はSNSのバナー広告や無料情報誌等で数多く掲載されています。

各自通販会社がメーカー品からオリジナル品等の様々なコンタクトレンズの通販を行っていて、実用的に優れた品からオシャレなアイテムとしてのコンタクトレンズまで、選択の余地を持って製品を扱っています。

リフレア,EYE豆知識,コンタクトレンズ通販事情

通販をご利用になられた経験のある方も多いと思いますが、その一方で近年、コンタクトレンズの使用に関するトラブルが数多く報道されている現状もあります。

そのためコンタクトレンズの通販については注意しなければいけない点があります。

 

コンタクトレンズは高度管理医療機器に該当

コンタクトレンズは医療上では「高度管理医療機器」という、不具合での人体に与える影響が最も大きいとされている医療機器に該当する製品であり、販売するにあたっては「高度医療機器等販売許可」という厚生労働省の認可が必要です。

ですが通販、店頭販売にかかわらず、コンタクトを安易に販売している店舗が現在増えています。


実際のところコンタクトレンズ販売の通販や店舗の中には、この販売の認可を取らずに、外国製の劣悪な性能のコンタクトレンズを、ファッションの面だけを強調して安価で販売しているケースも数多くあり、それが理由で目の角膜に傷がつく、角膜に感染症が発生するなどの実害も起きています。


コンタクトレンズの通販を利用する場合でも、そのファッション性や価格だけに注目するのではなく、その通販サイトが「高度医療管理機器等販売許可」の認可を受けているかどうかを確認することが大切です。

 

眼科医と相談しながらの使用が必要

現在コンタクトレンズのCMにおいては、「コンタクトレンズは高度管理医療機器です。ご使用の際は必ず眼科医の指示に従い正しくお使いください。」というテロップやコメントが必ず挿入されています。

これはコンタクトレンズの使用による危険の面を警告するために、コンタクトレンズの業界団体が自発的に行っていることです。


コンタクトレンズを通販で購入する場合も、「医師の診断を受けた上で、自分の眼の状態に合致したコンタクトレンズを注文する」ことが必要です。医師にコンタクトレンズ購入用の処方箋を書いてもらい、その内容で発注すると良いでしょう。


また、購入後も定期的に医師の診察を受け、検査してもらうことが大切です。
何かコンタクトレンズの使用で違和感や問題があれば、すぐに眼科医と相談しましょう。