コンタクトレンズの含水率とイオンの話

含水率の話

 

 

 含水率とは、そのレンズにどれだけ水分が含まれているのかを示す値です。含水率が50%を超えるものを「高含水コンタクトレンズ」、50%を下回るものを「低含水コンタクトレンズ」と言います。実は水分を含まない非含水性ソフトコンタクトレンズというものもありますが、これは現在日本国内では流通していません。ちなみに、ハードコンタクトレンズは素材にまったく水分を含まないため、含水率という概念はありません。そのため、含水率という単語が登場した場合、自ずとソフトコンタクトレンズの話をしているということになります。

 

高い低いとメリットデメリット

 

 コンタクトレンズの含水率とイオンの話

 ソフトコンタクトレンズの宣伝文句を見ていると、“うるおい”や“瞳うるるん”など、瑞々しさを強調する文言が目立ちます。実際、水分をより多く含むコンタクトレンズの方が酸素透過率が良いと言われています。それなら、多くの水分を含んだ高含水コンタクトレンズの方がいいに決まってるじゃないか、とお思いになるかもしれません。確かに、高含水コンタクトレンズはその瑞々しさ故に低含水コンタクトレンズと比べて付け心地が良いというメリットがあります。

が、その反面乾きやすいというデメリットがあります。水分が多いのに乾きやすいってどういうこと?と思った皆様、スポンジを思い浮かべてください。このスポンジが、コンタクトレンズです。水は放っておくと、蒸発していきますね。蒸発してしまうと、スポンジは乾いてしまいます。乾いたスポンジは、水分を含もうとします。乾いていった水分の代わりに吸収されるのは、眼球を覆う涙です。しかも高含水コンタクトレンズはより多くの水分を含むことが出来るよう作られているため、吸収されてしまう涙の量も多く、一度乾いてしまうと元の潤いを取り戻すのが難しいので、乾きを感じやすくなる、というデメリットがあります。涙の量が多い体質の方、長時間装用しないと決めている方などは、あまりデメリットは気にならないかもしれません。中には、眼科さんから、高含水のコンタクトレンズを使用するように言われることもあるようです。ちなみに、高含水コンタクトレンズは汚れがつきやすい、破れやすいという指摘もあります。

 対して低含水コンタクトレンズはどうでしょうか。メリットとしては、一定の潤いを保ち続けやすい、という点があげられます。元々保有している水分が少ないので、蒸発していく分も少なく涙をあまり奪われません。高含水コンタクトレンズ程の装着感を得ることは出来ず、酸素透過率も劣りますが、一定の潤いを保つことに長け、乾燥感を感じづらい構造になっています。また、高含水と比べ、汚れがつきにくいという指摘があります。

 デメリットもあります。どうしても水分の量が少ない以上、付け心地がよくありません。人によっては、しばらくゴロゴロとした異物感を感じるかもしれません。毎日コンタクトレンズを使用する方、長時間の装用を避けられない方は、低含水コンタクトレンズの方が良いでしょう。

 

イオン性と非イオン性

 

 コンタクトレンズの含水率とイオンの話

 ソフトコンタクトレンズ素材は、「イオン性」と「非イオン性」に分けることができます。詳しくご説明しますと、イオン性の素材は、イオン性成分含有量が1mol%以上の素材で、非イオン性の素材は、イオン性成分含有量が1mol%未満の素材のことを言います。

イオン性のコンタクトレンズは、マイナスイオンを帯びているため、プラスイオンを帯びた汚れやゴミを引き付けやすいという性質があり、汚染に弱く耐久性に劣るという特徴があります。花粉症などのアレルギーをお持ちの方には向かないと言えるでしょう。しかし、酸素が通りやすい素材構造、そして水分を含みやすい性質であるため酸素透過率は非イオン性と比べて高いと言えます。

 対して非イオン性のコンタクトレンズは、文字通りイオンを帯びていないため、プラスイオンを寄せ付けず、イオン性コンタクトレンズと比べて汚れにくい性質で、長時間の装用でも快適さが続きやすいという特徴があります。イオン性ほど水分を含むことが出来ず、酸素透過率が劣るため、イオン性コンタクトレンズと比較して、角膜への負担が強まります。

 

ソフトコンタクトレンズ素材のグループ

 

 

 以上をふまえて、日本では、1999年にFDA(米国食品医薬局)で使用していたグループ分け方式を採用しました。以下がそのグループ分けになります。

 

イオン性

非イオン性

高含水

グループⅣ

グループⅡ

低含水

グループⅢ

グループⅠ

 

 一言ソフトコンタクトレンズと言っても大きく4つの種類があります。さらに各社コンタクトレンズにうるおい成分や目の負担を軽減させるための材料などを入れて各グループのコンタクトレンズの弱点を補おうと工夫を凝らしています。使用しているコンタクトレンズを見直そうかなとお考えでしたら、これらの分類を参考にしてみてはいかがでしょうか。