コンタクトレンズが目の裏に入る

「コンタクトレンズが目の裏に入る?」

 

 疲れてて、うっかりコンタクトレンズを入れたまま夢の世界へ旅立つ。

はっと目が覚めて、ひどい乾燥感に昨夜自分がしでかしたドジを思い出す…

 甚だしく時間に追われた生活を送る現代人の皆様、一度や二度どころでは

ない回数、上述のようなトラブルの経験があるのではないでしょうか。

コンタクトレンズは時には知らぬ間にはずれて埃まみれになって見つかった

り、おとなしく角膜に張り付いていたり、あるいは目の裏に入り込んだりす

ると言います。

 本当に目の裏にいったりするのでしょうか?

コンタクトレンズが目の裏に入る

 

 

 

 

 

 結論からいえば、コンタクトレンズ含め、異物が目の裏まで入ることは構

造上不可能です。漫画やアニメで驚いた時などにまんまるな眼球が外に

飛び出す絵のせいか、脳につながる細い神経が繋がったまるい眼球が、

眼孔にすっぽり収まっているというイメージを思い浮かべやすいのかもしれ

ませんが、実際には眼球と瞼が“結膜”という膜で繋がっています。

 

「結膜」

 

 結膜とは、白目の部分や瞼の内側の粘膜を覆っている薄い膜のことを言い

ます。

白目の方の結膜と瞼の方の結膜は、ちょっと奥の方で袋状につながっていま

す。

上にも下にも袋状の空間があるのです。

コンタクトレンズが目の中にあるとすれば、この中に入っています。

 

 目の表面は繊細なものです。特に結膜は表面にあるがゆえに炎症を起こし

やすい部位です。

無理に指を突っ込んだり、爪を立てたり、ピンセットで取ろうとすると目を

傷つける恐れがあります。

早めに眼科にいってお医者様に取っもらいましょう。